パソコン

【重要】タッチタイピングができない。いや、できます。

ハヤテのブログへようこそ!

今回は、

  • タッチタイピングができない
  • タッチタイピングができないとどうなるの
  • 練習しても上達しない

こういった疑問に答えます。

✓本記事の内容

    • 1. タッチタイピングのやり方教えます
    • 2. タッチタイピングができないとこんなデメリットが
    • 3. 練習しても上達しない人の共通点

この記事を書いている僕はタッチタイピングを練習して4年ほど。

今では、一秒に4文字以上打てます。

こういった僕が解説していきます。

1. タッチタイピングのやり方教えます

その①:ホームポジションを守ろう

タイピングを練習していく中でいちばん大切なことは誰がなんと言おうと、

“ホームポジション”ですね。

皆さん知っているとは思いますが、

一応説明すると、

左手人差し指から「F」「D」「S」「A」

右手ひさし指から「j」「K」「L」「;」

両手の親指をスペースキー

これがホームポジションですね。

知らなかった人は覚えましょう。

この位置を守って、

どんなに遅くてもいいので入力していくのが大切です。

これができないと一生タイピングはできるようにはなりません。

絶対に覚えてくださいね。

その②:キーボードは絶対に見ない

キーボードを見ないことは、

上記のホームポジションを守るということと同じくらい大切です。

タッチタイピングとは、

別名「ブラインドタッチ」といわれ、

目隠しした状態でも打つことができることを言っています。

※「ブラインドタッチ」は目が見えないなど差別用語として捉える人もいるので、

タッチタイピングと普段入ったほうがいいです。

タッチタイピングを早く上達するために最初からキーボードを見ずに打つことが大切ですね。

人は癖がつくと治すのが大変です。

最初に見ながら打つ癖をつけてしまうと、

タイピングができるようになるまで遠回りしなければなりません。

必ずキーボードは見ないで打つ癖をつけましょう。

とはいっても、

「キーボードの位置がわからないから見ないで打つなんて無理でしょ!」そう思った方、

僕が以前書いた記事で無料タイピングサイトの紹介をしています。

そこのサイトで練習すれば画面を見ながらでも打つことができるので試してみてください。

https://13hayate-first.com/typing/

その③:毎日継続して練習しよう

毎日継続すること、

これがいちばん大切かもしれませんね。

僕は、今でさえ練習するということはほとんどしてないですが、

タイピングを始めた当初は、一日3時間近くタイピングだけをしてましたね。

それほど興味を持ち、一心不乱に打ってました。

僕の場合は、

一日目でキーボード見ずに打てるようになってましたね。

スピードは半端なく遅かったですけど。

本気でやれば結果はすぐに出ます。

結局は慣れなので。

みなさんも継続して頑張ってみてください。

2. タッチタイピングができないとどうなるの

その①:仕事の効率が悪くなる

タイピングできないと仕事の効率は悪くなりますね。

これは考えたらわかります。

書類作成、メールの返信、簡単な事務作業など。

基本的にキーボードを打つことが必要な仕事がほとんどです。

単純にタイピングできるかできないかだけで、

作業時間が短縮され、

他の仕事まで手が回る。

この差は大きいです。

後にこれが仕事の評価にも繋がり、

出世にもつながるでしょう。

その②:姿勢が悪くなる

これは以前私が書いた記事でも説明していますね。

タイピングができない人はキーボードを見ながら打つ必要性があります。

そう。

キーボードを見に行くという動作をしていると体が前のめりになり、

猫背になっていきます。

逆にタイピングできる人は、

その動作がないため、

良い姿勢を保って作業することができるというわけです。

体への負担も考えたほうがいいですね。

その③:単純にかっこ悪い

これは、

確実に自分の意見ですね。

タイピングができるだけでかっこいいかと言われるとなんとも言えませんね。

しかし、

僕は学生時代にタイピングができたと言うだけでみんなから

「凄いね、半端ない」とか言われました。

できるだけで褒めてもらえるならやるしかないね。

誰でも練習すればできることです。

少しでも自分の価値を上げられるように、

練習頑張りましょう!

3. 練習しても上達しない人の共通点

その①:キーボードを見て打っている

これは上記でも触れていることですね。

これを直さないとタイピング上達まで遠回りするのは間違いないです。

ほとんどのサイトでは、

「タイピング練習はとにかくホームポジションを守りましょう」

そう書いてありますね。

ですが、

ホームポジションを守る+キーボードを見ない

この2つを守ってこそできるようになります。

どちらもかけてはいけません。

最初は自分の思う通りに手が動かないでしょう。

苦痛だと思います。

やめたくなると思います。

でも諦めないでください。

その苦しみを超えた先に成果は出てきます。

必ずです。

断言します。

必ずです。

その②:早く打つことを意識しすぎている

早く打つことを意識してミスタイプが増える。

これは、

上達する上でめちゃくちゃ最悪な悪循環ですね。

正直言うと、僕自身もこの悪循環にハマりました。

ゆっくり打ってミスタイプを減らそうとしても、

今まで急いで打ってしまっていた癖がなかなか治りませんでしたね。

こうならないためにも最初はゆっくりで大丈夫です。

確実に段階を踏んで練習していきましょう。

スピードは二の次です。

その③:自分流の打ち方が残っている

我流の打ち方が残ってしまっている。

これは曲者です。

しかし、

翌々考えてみたら最初は全員我流ですね。

僕も一本指で打っていたので我流と言えますね。

大切なことはタイピングの練習を始めたら我流を断ち切る、

持ち込まないことですね。

我流でいつまでも練習していても限界があります。

最初はうまく打てません。

それは当たり前のことです。

だって人間なんだもん。

最初からうまくいく人なんているはずがない。

正しい打ち方(ホームポジション)を守って、

自分を信じて頑張りましょう。

その先にかっこよくパソコンを打っている自分がいることを信じて。

 

ということで、

今回は以上です。

それではまた明日。